子供に伝わる【お片づけの魔法の言葉】

Hi, Asami です!

実は私、お片づけもお掃除も苦手。

やらなくてもいいなら、本当はやりたくないのが本音です。

だからと言ってお片づけも掃除も無くならない仕事。

大人だって「 片づけが苦手 」な人多いですよね?

分かってはいるけど、なかなか…。

でも、子供には、片づけなさい…

言いますよね?

そこで今回は、

「片づけなさい」

この言葉に変わる魔法の言葉についてシェアしたいと思います。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]とりあえず片づける[/su_heading]

子どもはたくさんのおもちゃを前に、

「 早く片付けなさーーい 」と言われると

お母さんが

片付けなさいと言うから…。

怒り口調だから…。

片づけなきゃいけない…。

こういう考え方をしてしまいます。

そもそも小さい子供には

片づける意味はなかなか伝わらず

どうやって片付けていいのか分からず、

とりあえず、

 モノをどこかに入れる = 片づける 

と覚えるのです。

モノを使ったら片づける、

出したら元に戻す

なぜでしょうか?

どうせまた出して使うのなら、

そのまま置いておけばいいのに

子供は遊びたいのでこの考えです。

後で遊ぶから、このままおいとくの!!

よく子供がいいますよね?

余分な部屋がいっぱいある場合、

出したままでも、さほどイライラしません。

出しっぱなしの部屋のドアをそっと閉めればいいのです。

でも実際の生活ではどうでしょうか?

ただいまと家に帰り、リビング・ダイニング・キッチン

そこは、

家族が集まる = 家族のモノが集まる

家族の人数、モノの数、モノの種類など、

様々なアイテムが入り混じっているわけです。

使ったものを片づける、出したら元に戻す

これをしないと、あっと言う間に

家の中がぐちゃぐちゃ。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]テレビのリモコン君のお話。[/su_heading]

お父さんがテレビのリモコンを使いました。

どこかへ置きました。

お兄ちゃんが見つけ、

使いました。

またどこかへ置きました。

妹が見つけ

使いました。

またまたどこかへ置きました。

次に使おうとおもったら、

どこにも無い…。

どこかへ置いたリモコンを探すために、

皆、イライラし、人のせいにします。

私はここへ置いた、

僕はここへ置いた、

さっきまでここにあった・・・・と。

そんな言い合いを続ける事自体、

ストレスであり、

時間の無駄なのです。

リモコンを使ったら、

ここに置こうねと、

教えてあげる事。

リモコンにも帰る家が必要なのです。

帰る場所があり、使ったら元の場所に戻せば、

モノだって迷子にはなりません。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]モノにも居場所をつくる!! [/su_heading]

私たちが帰る家

家族のみんなが知ってます。

テレビのリモコンが帰る場所

みんな知ってますか??

くまのお人形さんが帰る場所

ありますか??

子どもたちにぜひ話してあげてください。

私たちに住む家があるように、

モノにも居場所が必要 

そして、

みんなが一緒に楽しく暮らすためには、

次に使う人の事を考えること

モノが迷子にならないように

お片づけの目的をきちんと話すこと。

どうして大事なの??

この疑問に答えると

ああ、そっか~に変わります。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]欲しい」の前に環境を [/su_heading]

子どものお片づけ苦手意識

本当の原因は

片づけかたが分からない

そして、

「 片づけなさーい 」の声に慌て、

とりあえずモノをどこかに入れてみる。

子供にお片づけをして欲しい

自分の事は自分でして欲しい

宿題をきちんとして欲しい

忘れ物をしないで欲しい

親が思う子供への

「欲しい」を望む前に、

出来る環境を整える事

これが最初の一歩です。

環境が整っても、

スムーズにできる子ども、

そうでない子ども、

色々です。

この子は出来ないから…と思う前に、

どうして出来ないんだろう??

と、考え、試し、

再度環境を整えてあげる事を第一優先に、

子どもの成長を見守ってあげませんか?

[su_heading size=”23″ margin=”30″]お片づけの魔法の言葉 [/su_heading]

日々、お片づけしなさいっっの言葉は飛び交います。

便利な言葉ですね。

お片づけ。

そして、なぜでしょう、

イライラしている時に発する

お片づけしなさーいは、

怒り口調になるのです。

怒りたくはない

でも片付かない

イライラする

余裕がない・・・

そんなあなたに魔法の言葉をお伝えします。

今日から是非、魔法の言葉を使ってください!!

お片づけしなさーーい

の代わりに

「おうちに帰ろう~~~ 。」

お出かけから家に帰る際、

子どもに、

さぁ、おうちに帰ろうね

と言いますよね??

モノだっておうちに帰るんです。

使ったモノを、きちんとお家につれて帰ってあげよう!

あなただってお家があるんだよ。

人形だって、

つみきだって、

ブロックだって

お家に帰る時間ですよ!

この声かけの良い所

なかなか怒り口調では言えません(笑)

イライラしていても何故か怒りながらは言えません(笑)

そして、片付けなさいと言うより

子どもにス~~ッと伝わる言葉です。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]まとめ[/su_heading]

いかがでしたか??

お片づけの本当の意味は

小さい子どもにはなかなか伝わりません。

ちいさい時からコツコツと、

使ったモノを元に戻す習慣 をつけること

是非、おうちで特訓してほしいと思います!

では、See you next blog ❤