【子供のおもちゃ収納】はどうすればいい?

Hi, Asami です!

子供のおもちゃの収納って永遠のテーマですよね?

雑誌のように素敵な収納にしたくて

100均に行ってカゴを買ってくる方も多いのではないでしょうか?

◇ とりあえず白いカゴをいくつか買ってみたけど、何か違う…

◇ おもちゃを分けると、カゴがいくつあっても足りない…

私もこんな風に思ってかごを買い足したこともあります…

100均と言っても、

たくさんカゴを買うと意外と大きな出費。。

そしてせっかくカゴを買ったのに

上手く活用できていない…という方が非常に多いのも本当の所です。

ハッキリ言って、

収納グッズは先に買わないでください。

必ず後で「必要なかったかも…」となります。

ということで今回は、

子供のおもちゃ収納に

お金をかけずに叶える楽収納についてシェアしたいと思います。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]素敵収納のマネはしない[/su_heading]

女性は収納という文字が大好きです。

そして収納グッズも大好きですよね?

なぜなら、

限りある家の中のスペースを上手く使えるように、

いつも考えていたり、

自分の家事を楽にしたいという願望が強いからです。

収納が上手なら、

それが叶うかもと雑誌を買い、

素敵な収納方法を見て、どうしても参考にしたくなります。

参考にするのは良いですが、

収納を考える前にしなければいけないのは

[su_highlight background=”#fdd0f1″ color=”#535349″]「整理」[/su_highlight]です。

雑誌に載ってる素敵な収納は、

その方のお家にあった収納方法であり、

整理をされた後で収納をされています。

上手く収納された部屋

きちんと片づく部屋は、

整理された後だからできるんです。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]100均には行かない[/su_heading]

整理をする前の段階で、私がいつも講座で言う言葉

[su_highlight background=”#fdd0f1″ color=”#535349″]「100均には行かないでください」[/su_highlight]

確かに便利な100均は暮らしの味方です。

色々なものが108円で買えるのですから。

ちょっと何か買おうと思ったらついつい足を運んでしまいます。

子供のおもちゃ収納で威力を発揮する「プラカゴ」

色々な種類、色、大きさがあり、雑誌でもよく見かけます。

確かに、カゴの大きさ、色をそろえて収納すれば、

それだけでスッキリ素敵な収納スペースの出来上がりですが、

どうしても上手く収納できなかったり、

カゴの個数ばかりが増えたり…

こういう悩みも多くいただきます。

今の子供のおもちゃを収納するのに、

いくつカゴが必要でしょうか?

1個 108円ですが、10個買えば1080円です。

しかも、おもちゃを整理したあとに使わなかったら??

100均のプラカゴはとても便利だし手軽に買えますが、

まずは、整理!

100均にいくのは、まだまだ先です!

[su_heading size=”23″ margin=”30″]収納カゴのメリット・デメリット[/su_heading]

子供のおもちゃを収納するために、カゴはとても便利です。

おもちゃを種類別に分け、カゴで分類して管理できることがメリットですね。

種類も豊富、色も形も選べるし、オシャレなモノもたくさん売られていますよね。

でも、素敵収納の要素は、

「色も形も揃ってる」ことです。

今、家にあるカゴと、

これから買うカゴが違う場合は、

素敵収納には届きませんし買い替えを考るかもしれません。

そして何より気になるのが、

[su_highlight background=”#fdd0f1″ color=”#535349″]「カゴが増えると、モノも増える」[/su_highlight]と言う事です。

おもちゃが増える→収納カゴを増やす→おもちゃが増える→収納カゴを増やす

カゴは何でも収納してくれて便利な反面、

必要でないモノまで何十年と保管してくれるわけです。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]整理から普段のモノの量を知る[/su_heading]

収納を考える前に、まずは整理です。

子供のおもちゃは入れ替わりが激しいですよね??

戦隊モノ、女の子のアニメも、約1年スパンで内容が変わり、

都度グッズも変わります。

それ以外にも、

積み木があったり、パズルがあったり、絵本があったり…。

これすべて集めると、どれくらいの量になるでしょうか??

兄妹がいる場合は、結構な量になるかと思います。

そして、みんなで使うもの、

個々のもの、

混ざっている状態では、

どれくらいの収納量が必要なのか分かりません。

まずは、要・不要と整理し、残ったおもちゃの総量を知ることです。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]収納にはお金をかけない[/su_heading]

子供の成長は早いです。

その時に必要な収納量と、今後必要になってくる量は違います。

そうすると、

収納量はいつも固定ではないという事です。。

その時必要だからカゴを買い素敵収納をしても、

成長と共に持ち物が変わり、

その都度見直しをしていくと収納方法も変わってきます。

ですから子供が小さいうちは、

あまりガチっと固めた収納にせず、

暮らしに合わせて変えていける収納方法をオススメします。

プラカゴは便利ですが、

ここで10個の収納カゴを購入して最後使いませんでした。

とならないように、

収納にお金をかけず、

その分は貯金して子供の小学校入学の費用に貯めるといいかもしれません。

[su_heading size=”23″ margin=”30″]身近なモノを使って仮収納[/su_heading]

整理をした後に収納をガチッと固めてしまうのではなくて、この収納で、子供が片づけやすいかをチェックするために、[su_highlight background=”#fdd0f1″ color=”#535349″]仮収納[/su_highlight]をします。

子供が小さいうちは、おもちゃ収納に段ボールなど、

身近に手に入るリサイクルできるモノがおススメです。

でも見た目がね…。。。

確かに段ボールは見た目がチョット気になりますよね?

かと言って、布をはったり手を加えるのは面倒…。

こんな時は、通信販売で届く箱を取っておくと使えますよ!

例えば、食材や化粧品を定期購入しているなら、

いつも同じ箱で届くはず。

サイズもありますが、

見た目は揃ってるので素敵収納に近づきます!

(シールなどでロゴを見えないようにしてもいいですね)

そして私のオススメは

見た目、サイズ、そして扱いやすさNo.1

「アスクルの箱」

これ、もう、本当にありがたいんです。

じつはこの箱は、アスクルでA4サイズのコピー用紙を購入すると、

この中に収納されて届きます。(コピー用紙500枚×2)

段ボールの上のふたの部分がないので、(この表現で分かりますか??)

ちょっと弱く感じますが、ここはカラーテープで補強してるあげると大丈夫!

あまり重いものには向きませんが、お人形やボールなどの収納に便利です!

会社のコピー用紙をアスクルで購入しているなら、

一度担当の方に聞いてみてください!

[su_heading size=”23″ margin=”30″]まとめ[/su_heading]

いかがでしたか??

子供のおもちゃは入れ替わりが早いですから、

素敵収納もよいですが、

子供が片づけやすい収納にしてあげる事を一番に考えて、

まずは整理、そして、身近に手に入るモノで仮収納をしてみることです。

手軽に手に入るプラカゴは便利ですが、もし使わなかったら??

せっかく購入しても処分対象になると、

モッタイナイですし、地球にもよくないですよね?

段ボール仮収納は、いつでもリサイクルできますよ!

そして、本当に必要だとおもったら、

お気に入りの収納用品を購入してくださいね!

では、See you next blog ❤