子供が【自分で着がえて片づける】仕組み

Hi, Asami  です!

子供を保育園に送っていく朝の身支度、

毎日が戦いのよう…かもしれませんね。。

 

ママだって仕事、自分の用意と同時進行で

時間的に余裕がない事でイライラしていませんか??

 

とにかく朝は、

起きない、グズグズする事が多い、着替えも進まず、

結局は、ママがお着がえの手伝いをしてしまうことに。

 

そこで今回は、

朝の着がえを、子供が自分で出来て、

脱いだものを自分でお片づけをする方法についてシェアしたいと思います。

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]まずはグズグズを撃退[/su_heading]

 

とにかく朝は眠いんです。

これは大人も子供も一緒ですよね?

 

起きてすぐは頭がボーっとしていて、思考回路はゼロの状態

 

大人はどんなに寝不足でも、絶対に起きなければいけないので

顔を洗ったり、気合で目を覚まし、朝の用意をするわけですが

子供は、なかなかそうはいきません…。

 

一般的に5歳児でも10時間ほどの睡眠は必要だと聞いたことがあります。

 

小さい子供が十分な睡眠がとれていないと

朝起きが悪かったり、グズグズの原因にもなりますね。

 

もし、朝のグズグズの原因として、「寝不足」が理由なら

生活リズムを整える必要があります。

 

そして、朝起きた後に、

すぐに顔を洗う「クセ」をつけるのが一番のスッキリする方法です。

 

3歳くらいから、朝起きた後の顔洗いを習慣化させていくといいですが、

まだ、無理なら小さいハンカチタオルをお湯で濡らし、

絞って顔をふくだけでもスッキリしますよ!

 

とにかく目を覚まさせる事!

 

朝のグズグズの原因が寝不足なのか、何が原因なのかを知って

改善できるところは進んで取り組みたいですね!

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]子供の着がえは一緒に用意[/su_heading]

朝の着がえについては、

各家庭でタイミングは違うと思います。

 

ごはんを食べる前、食べたあと、

もしくは、保育園に行くちょっと前など色々です。

 

ただ、グズグズし始めると着がえが進まず、

どうしてもイライラしてしまうのが悩みでもあります。

 

朝、着がえを用意して、子供に自分で服を着がえてもらうのは

少し時間のロスがありますね。

 

子供に着がえを自分でやってもらう為には

「できる環境」を作ってあげなけらばいけません。

 

朝起きて、着がえが準備できている状態を作るために

まずは、前日の夜に明日の着る服を一式用意しておくことです!

 

明日朝、着るものを探さないでいいように、

「明日は何を着る??」と聞いてみて

一緒に用意をしてみましょう!

 

季節にもよりますが、

トップス、ボトムス、靴下やその他着がえに必要なものを

ママと一緒に用意し、たたむ事も一緒に教えてあげましょう!

 

どんな用意もそうですが、

基本前日の夜に用意する事を習慣にしておくと

次の日の朝が楽に過ごせますよ!!

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]着がえの収納場所[/su_heading]

 

子供は、朝の着がえはどこでしますか??

リビングですか?

それとも脱衣室??

 

こちらも各家庭でのやり方があると思いますので、

やりやすければ、それで良いのですが

 

子供が自分で着がえをし、

脱いだパジャマをどこに置くのか?

 

この流れが仕組化された収納スペースがあると

子供は自分で出来るようになります。

 

例えば、脱いだパジャマを毎日洗うなら

着がえをした後は洗濯機に入れて欲しいですよね?

 

この場合、

着がえはリビングでして、パジャマを洗濯機へ持っていく距離が遠ければ

小さな子供には、習慣化するのが難しくなります。

 

着がえ場所を洗濯機の近くに設ける

 

もしくは、リビングで着替えて、

リビングにパジャマを入れるカゴ等を置くなど

 

すぐにアクションができる状態にしておくと

子供が自分でも出来るようになります。

 

また、毎日パジャマを洗わない場合は

一時的に置いておく収納場所が必要ですよね?

 

この場合も、着替えをする場所

パジャマを入れて置く収納スペースがあると

すぐにアクションを起こせます。

 

ちなみに我が家は、

明日着る服を1セットと

パジャマを入れておくスペースを

1人1段とし、洗面脱衣室近くに設けています。

 

お風呂上りの夜はパジャマを着るので

その収納棚には明日の着がえが1セットだけ置くようにします。

 

朝はその着がえと交代にパジャマを入れておく場所として使っています。

 

こうやって、子供がすぐに出来るように

収納場所を設けてあげる事が

一番の自立につながります

 

大人でもリビングで脱いだ服を

ちょっとソファーにポイっとしてしまう事はないですか?

 

ダイニングの椅子にヒョイっと掛けたりしますよね??

 

子供がすぐに出来る環境をつくり

自分で出来る仕組みがあれば

自分の事は自分で出来る習慣化へつながります!

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]出来ない時の声かけ[/su_heading]

どれだけ環境が整っていても、

子供がグズグズし、なかなか進まない事はいっぱいあります。

 

そんな時は、どうして出来ないのかを観察してみましょう!

 

機嫌の問題なら、どうして機嫌が悪いのか?

体調が悪い時もありますからね。

 

洋服がピッタリしていて着るのに難しそうなら

伸びる洋服や、首回りがゆったりした服に変えてあげるなど

 

出来ないを出来るに変えてあげなければいけません。

 

上手に洋服が着れずにグズグズしているのなら、

 

「こうやって着ると上手く着れるかもしれないよ!」

こういう風に少しサポートしてあげる。

 

すぐに手を貸すのではなく

出来るように環境を整えヒントをあげる事!

 

小さい子供の目線に立って考える事!

これが自立へつながります!

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]まとめ[/su_heading]

いかがでしたか??

子供がグズグズして着がえが進まない…

子供の着替えに時間がかかる…

着がえを自分でして欲しい…

 

こういった状態から自分で出来る状態へ変えていくには、

まずはグズグズを撃退して機嫌を整える事

そして、出来るだけ前日の夜に着替えを一緒に用意しておくこと

着がえる場所や収納を、子供目線で考えて、

自分で出来る仕組みを整えてあげる事です!

 

ママはすぐに手を出さず、

出来るだけ声かけと、ちょっとした気づきを与えるサポート役となってあげると

子供の自立力はグングンアップしていきますよ!

 

では、See you next blog ♡