【家が狭い】から片づかないのかな??

Hi, Asami です!

子供のおもちゃの収納がうまく出来ない…

子供がまったく片づけない…

 

こういった悩みをお持ちの方の多くは、

 

家が狭いからだ

収納が少ないからだ

 

こう思っているところがあります。

でも実際は、

 

家がどんなに広くても

おもちゃで足の踏み場のない家もあれば

 

どんなにコンパクトな家でも

整理が行き届きスッキリ片づいた家もあります。

 

そこで今回は、家の広さや収納の量が

子供のお片づけに、どう関係があるのか?

また、大人ができる効果的なお片づけのサポートについて

シェアしたいと思います。

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]家が広いのにおもちゃだらけ?![/su_heading]

 

私が以前、家づくりの際の収納相談に伺った方のお話をします。

 

Kさんは共働きのワーキングママで、

子供さんが2人います。

ご主人の実家に仮住まい中で

これから家づくりを考える際に

収納に強いこだわりがあったのです。

 

「どうしてそんなに収納にこだわりがあるのですか?」

 

Kさんに聞きました。

すると、こう答えました。

 

「今は主人の実家の2階で仮住まい中ですが、

アパートよりも広い部屋で、部屋数もあるのに

いつも部屋がおもちゃだらけなんです…

 

いまから家を建てるのに、

こんな大きな家は建てられず

でも、この状態で、今より狭い家なんて

荷物が入りきらないし

収納がたくさんあれば

もしかしたら片づくかもと思って…。」

 

こうやって話してくれたKさんは

収納が多ければ片づくという考え方を持っていました。

 

私はもう1つ質問しました。

 

「上の3歳のお兄ちゃんは、お片づけはしますか??」

 

すると、

 

「毎回、お片づけしなさいって言ってもなかなかしてくれないんです…」

 

こう答えました。

 

「おもちゃはどんな時に買っています??」

こう聞くと、

 

「誕生日やクリスマス以外にも

日常的におもちゃを頂くことがあります。」

 

「共働きで私も忙しく、どうしてもかまってあげられず

おもちゃで遊んでいると家事もはかどるので…」

 

こういった背景もありました。

 

共働きで忙しいと、どうしてもおもちゃ頼みになります。

もちろん、これは私自身も経験済みです。

 

そして、かわいい孫におもちゃを与える

おじいちゃん・おばあちゃんの存在も

おもちゃが増える原因の1つとしてよくある話です。

 

さて、ここまで読んで、

片づけられない事と家の広さは関係あると思いますか?

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]家の広さよりもモノの量[/su_heading]

 

家がいくら広くても、

次から次へモノが入ってくるだけでは

一向に片づきませんよね??

 

そして、そんなモノがあふれた家では

子供はお片づけはできません。

 

モノが家に入ってくるのは簡単なんです。

でも一度入ってきたモノは、

なかなか出ていかないのが現状です。

 

たまるばかりですね。

 

家づくりをする方にはいつも伝えていますが、

 

家が広ければいいわけでもなく、

収納が多ければいいわけでもない。

 

一番大事なのは、

モノが入ってきても

出ていく道筋ができている事です。

 

大量のおもちゃは大人でも管理できません。

そうすると、子供だって

お片づけが難しい状況ですよね??

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]コンパクトでもスッキリ片づく家[/su_heading]

 

コンパクトって聞いて単純に

「小さい」と思い浮かびませんか??

 

私が考える「コンパクト」は

機能も充実しているけど、

ぎゅっと詰まった感じです。

 

コンパクトな家でも

スッキリ片づいた暮らしをしている人がたくさんいます。

 

その方たちの多くは

家に迎え入れるモノを厳選し

過度にモノをためない暮らしをしています。

 

当然、子供のおもちゃだって厳選しています。

 

量より質ですね!

 

コンパクトのメリットがもう1つ。

 

これは単純に

モノが入れるスペースが

もともと少ない事です。

 

どう頑張っても

このスペースに対して

これ以上は無理というストッパーが働くのです。

 

大人5人乗りの車に

どう頑張っても10人は乗れません。

もし仮に乗れたとしても違反ですね…。

 

こうやって、「制限」がある事で

お片づけがスムーズに運ぶ助けとなる事もあります。

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]おもちゃの量を管理する[/su_heading]

 

子供がお片づけが苦手、

お片づけができない、

やろうとしない…。

 

こういった悩みがある方には、

一度、おもちゃの量を仮に決める事をオススメします。

 

スペースから量を決めるパターンもあれば、

アイテムごとに量を決めるパターンもあります。

 

スペースに関しては、

それぞれ、どの場所を子供に提供するのか?

その場所に入るモノの量はどのくらいか?

 

アイテムに関しては、

1アイテム(キャラクター)は〇〇個まで

もしくは、この引き出しに入る分だけ

 

こうやって量を決めてあげる事、

 

子供にとっては、

おもちゃの量がたくさんあれば単純に嬉しいですが、

 

そのおもちゃを片づけるとなると

量に負けてしまいます。

 

大人にできる

最も効果的な子供のお片づけの環境づくりは

 

おもちゃの量を管理してあげる事です!

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]おもちゃの出入りを考える [/su_heading]

 

おもちゃが入ってくるのはどういった時なのか?

入ってきたおもちゃをどうやって手放していくのか??

 

家におもちゃが散乱しているお家は、

ここがハッキリとしていません。

 

1年を通しておもちゃが入ってくるばかりで

いつ、おもちゃが外に出ていくのかが決まっていない。

 

何かを手放す事は難しいかもしれません。

でも、少し考え方を変えてみてください。

 

モノは使わない事がモッタイナイ

使っていない、あふれているなら、

他に使ってもらえる人に使ってもらおう!

 

そして、新しいおもちゃやモノを

気持ちよく家に招いてあげよう!!

 

3歳くらいから、こう言った事を教えてあげると

子供はスムーズに身につきますよ!

 

モッタイナイから置いておく

いつか使うかもしれないから置いておく。

 

これでは家のスペースがどれだけあってもたりませんからね!

 

[su_heading size=”23″ margin=”30″]まとめ[/su_heading]

いかがでしたか??

片づけられないことと家の広さは

必ずしもイコールではないということです。

 

広くてもモノの出入りが上手くいってなければ

モノは家に散乱しますし、

 

コンパクトなスペースでも

家に迎え入れるものを厳選し、出入りの道筋ができていれば

スッキリとした空間を保つことができますね!

 

子供がお片づけができる環境は

まず親が整えてあげることです!

 

そのためにも

おもちゃの量を管理してあげ、

モノは使わない事がモッタイナイ。

使っていない、あふれているなら、

他に使ってもらえる人に使ってもらおう!

 

こういった考え方を持ち

子供に伝えてあげる事を大事にしてください!

 

では、See you next blog ♥